2014年12月18日木曜日

詩 「砂鉄の浜」

三石博行

岩本拓郎作(2014年12月8日)
















岩本拓郎氏のフェイスブック
https://www.facebook.com/takurou.iwamoto.73?pnref=story

岩本拓郎氏の幻想的な絵を観ながら

「砂鉄の浜」


疑問の筆箱を鞄に入れて
海に行った

すると
鉛筆は箱をコトコトと敲き
筆箱は鞄をシュウシュウと奏で

砂浜は蒼い夜光虫の誘いを受けて
波の楽譜を広げ

問い掛けが砂鉄の粒に押し寄せ
答えは石英の粒を濡らす

紅と黒の飛沫が空を舞い
白と蒼の渦が海に踊る

すると
絶対無双の闇の図柄が織り込まれ
絶対無二の光の音符が刻まれ

月夜のコンサートはつづく
砂鉄の浜辺のオペラははじまり

疑問は波間に落ち
理由は遠い遠洋に流れ

すべての意味や解釈は
砂鉄の浜に吸い込まれた

そして
浜辺に波跡が刻まれ消され
古代の疑問の痕跡は瞬時にのみこまれ

理由は問いから切り離され
月光に輝く渚コンサートは終わった

理由の光はここには届かなかった
もう遅い、さあ家に帰ろう

2014年12月8日

三石博行詩集 『心象色彩の館』

三石博行のフェイスブック


0 件のコメント: